らっくのぼちぼち走ります!

近所の町会のマラソン大会、トレイルランニング、駅伝、超ウルトラマラソンまで走ります。
完走記や日々の練習や仲間との交流、愛犬との日常を書いていきます。

小江戸90km関門アウトの巻

小江戸大江戸200kmの小江戸90kmに参加しました。

まだ写真を撮る余裕があった頃に一枚だけの写真😅

1週間前にぎっくり腰をやってしまいシューズからワラーチを選択。

徐々に腰の張りが強くなりお尻、股関節まで張ってきてかばっているとあっちこっちいたかなってきてまだまだ軟弱な足裏も痛くなって来てスピードも出ない…

まぁこれだけが原因ではなく体重増加、練習不足など言い訳をあげたらキリがない…

結局は全て自分の甘さだと思います。

ここ4年間色んな事がありランニングのモチベーションも下がり走る事もやめたくなっていた自分。

辛うじて走る事の楽しみ方に幅を持たせる為にワラーチランを始めて色んな気付きがあり最低限モチをキープ。


色々振り返りました。

走り始めてガムシャラに毎日走っていて目標のウルトラレースは完走できる様になっていきました。

一番いけなかった事は過去の経験、実績にしがみ付きいつまでも走れると思っていた事。

理由はどうあれ練習する意欲や努力する事から逃げた。


走る度に調子の悪い言い訳を考え、全てから逃げ出し走れない自分を認めない情けない自分がいる事に気付く。

少し時間はかかりますが必ず這い上がり復活したいと思います。


never give up



みるくの幸せ

昨日愛猫みるくが10日ぶりに退院しました。



入退院を繰り返す度に脚の具合悪くなってしまいました。

何が原因か分かりませんが…

帰宅して少し落ち着いたら前脚だけで歩き

後ろ脚は脱力したような状態です。


今のみるくにはベッドの段差もやっと乗り越える状態です。


脚が広がってしまうので揃えてあげ姿勢を整えてあげるとその状態で少しずつですが歩を進めてくれました😊

脚もマッサージをしてあげることで筋肉に刺激を与えるようにしてあげると調子が良さそうです。

この繰り返しで良くなれば思います。

腎臓は今の所安定していますが膀胱アトニーは治らない状態で自力排尿が上手くできたりできなかったりです。


後脚の筋肉が無くなり細くなってしまいました。


多少の粗相は仕方ないので夜はオムツを履かせる様にしました。

みるくが退院して喜んでもらおうと思い

キャットタワーも買ってきましたが暫く乗れそうにありません😢

これから病院で受診する事はあっても余程の事が無い限りは入院はさせるのをやめようと思います。

その方がみるくは幸せだと感じるはずです。

これからは脚が不自由で排尿が上手く出来なくても元気で幸せに猫としての生活が過ごせる様にしてあげる事が1番だと思う様になりました。

愛猫みるくのこと

動物病院の腎臓科の先生から連絡があり

愛猫みるくは明日退院です。


前回退院の時のみるく


(実は前回退院して2日後には体調が優れないので再入院し10日間入院してました)

あまり変わらない状態であまり排尿ができず圧迫排尿と排便をさせている状況だという事です。

その間腎臓や膀胱の薬を試して見たけどあまり効果は無いと…

先生曰く生活環境のストレスが原因で

排尿排便が出来ていないのならそのストレスを気にさせない抗うつ剤を処方してみるか?と提案されました。確かに有効性のある薬の様です。

しかしその薬を使うと猫の性格が変わり飼い主との関係にも問題が発生する恐れがあるとのことです。(※猫によって薬の効きが違うから一概には言えないそうです。)


帰宅してリラックスしているみるく


ただ入院して10日間経過しているのでそのストレスからは解消されているはずなのに状況が改善しないのはなぜでしょうか?と聞いても病院での治療は特になくただ見るだけになってしまうと…

同時に脳神経外科の先生も一緒に診てくれていたようで

当初の小脳の萎縮が原因と言う以外投薬の効果も見られず

他の神経にも大きな異常は見られられ無い様です。

悪く言えばこれ以上入院させても投薬試験の検体となるだけで

みるくにとっては幸せでは無いと思います。

取り敢えず抗うつ剤を飲ませて食欲促進させ

元気になってもらい排尿排便は補助してあげる様にしようと思います。

今週末にみるくの落ち着けるスペース

を作るためマッサージチェアとソファを処分してパーティションを作り人から見えない場所にトイレや小屋を置き床には粗相しても大丈夫な様にペット専用シートを敷いてその周りに大きめにサークルを作ってあげる予定です。

愛犬マーブルはみるくがいないからかリラックスしまくりです😅


リラックスしてうとうと


あらあらごろんたら寝てしまいました😄