らっくのぼちぼち走ります!

近所の町会のマラソン大会、トレイルランニング、駅伝、超ウルトラマラソンまで走ります。
完走記や日々の練習や仲間との交流、愛犬との日常を書いていきます。

2017年の山 雲取山へ行きました

金曜日の夕方天気予報を見ると明日は天気が良さそうな感じ。

よし!雲取山へ行こう!と思いついて朝起きたら寝坊した(^_^;)

自宅を車で出発。

何とか丹波山村駐車場に到着。

9時丁度に鴨沢ルート登山口をスタート


スタートが遅かったのでゆっくり走り歩き。


少しずつペースを上げながらハイカーさんに気をつけながら前に進む。

水場の水もたくさん出てますね。


ここで七ツ石山まで半分位かな?

七ツ石小屋により景色を眺めるがまだスッキリしない感じ


給水だけして直ぐに七ツ石山へ

七ツ石小屋は何人かのハイカーさんが休憩中

冷たい飲み物やカップ麺も販売してます


七ツ石小屋の直ぐ先にある水場で冷たい水で顔を洗い給水。


石尾根縦走路に出てから走れる上りや下りは走る。急登は無理しない程度に歩く。


石尾根縦走路にあるくねくね曲がったダンシングツリー^_^


雲取山避難小屋が遠くに見える

凄く気持ち良い!


雲取山山頂

山頂でしたパンを1つ食べてから下山開始です。

10分程休憩して途中から一緒になったトレランの方と一緒に下山。話が出来るくらいのペース

で走る。トレランの方は石尾根縦走路を走り奥多摩まで行くので分岐で別れ私は鴨沢へ下るルートへ。お昼を過ぎているのにまだ登ってくるハイカーがかなりいます。装備を見ると軽装備でテントなどを持っていない様です。

雲取山荘泊なら急がないと暗くなってしまう。

ライトは?と心配になる。

下山途中にいた逃げない小鳥ちゃん

綺麗な花に癒されます

もう山は秋ですね


無事に下山しました。脚がパンパン(^_^;)


鴨沢登山口〜雲取山ピストン(往路は七ツ石小屋経由、復路は七ツ石は巻いて下山)

タイムは4時間27分(山頂休憩10分含)

自分に負けるな!

7月中旬から右脚脛の不調で整形外科に行きました。2つの整形外科に行き両方共私のレース歴を聞いてレントゲン撮影から触診(1つの病院の先生は触診無し)

走り過ぎによる疲労骨折と診断でした。

シンスプリントの診断はしませんでした。

しかし私の知り合いの鍼灸院の先生や医療関係の方は違う見解でした。

重度のシンスプリント(過労性骨膜炎)ではないかと言われてました。

疲労骨折もシンスプリントも半年以上走らなければ治りますよね。

早期回復をして早くランニングに復帰したい

気持ちと違う?と思い自分なりに色々調べました。

町医者的な整形外科の安易な診断で振り回された時間が私からすれば非常に悔しいです。

ランナーの目線に立つ治療家に出会わないと治るどころか無駄な治療や時間を費やす事になります。

たまたま今回前に所属していたクラブの先輩の治療院に行って色々話しをしながら治療をしていただきました。ランナー目線のアドバイスも的確です。

早く完治して走れる身体に戻して来年の3回目日本横断川の道フットレースを完走したいです。頑張ります!

多摩川源流トレイルラン

右脛の疲労骨折から2カ月近く経ちました。

ランニングの練習はほぼ無しで望んだ多摩川源流トレイルラン。

大会前日に仕事で無理したら脛に鈍痛が走る。帰宅してから湿布を貼って様子見。

当日はとにかく無理をせず走ること。特に下りの飛ばし過ぎは脛に負担がかかるから無理は禁物。

快晴で気持ちの良い朝です!

スタート前にお仲間さんと一緒に^_^

私以外のお二人は共に年代別1.2でした!

最後尾からスタートする。

前からスタートするとタイム、順位を気にして無理をしてしまうから(^_^;)

スタートして少し先のワサビ田で渋滞。

ワサビ田

ツルツル滑る橋

いいの いいの^ ^ 久しぶりだから疲れたから休憩^_^ 大分動かない(^_^;)

3つのピークがあるから無理しない。

上りは出来るだけペースを落とさず歩く。

下りは右脛を気にしながらプレーキをかけながら走る。下りが好きだから飛ばせないからイライラしてくるが我慢。

もう脚はパンパン!

上りもやっとです。

ラスト1km頑張って走りました。

ゴール手前です青梅トレラン部の仲間からチームフラッグをもらいゴール出来ました。

ワンコのれいと一緒にフィニッシュ!

ゴール後に友達ワンコのれいに祝福なのか?

水を飲ませろなのか?目が怖い(^_^;)

今回私にとって感慨深いゴールとなりましたがこれは私にとっては故障から復活するスタートとなりました。頑張ります!